芸能エンタメまとめ。

かわいい女優・モデル 美人画像まとめ

ルパン三世「複製人間」「カリオストロの城」比べてみた!収入・評判

   

ルパン三世 複製人間

ルパン三世 映画「ルパンVS複製人間」と「カリオストロの城」どちらがいい作品なのか?評判や興行収入を比べてみた。

Sponsored Link


「ルパンVS複製人間」は、ルパン三世の劇場版第1作品。マモーという神を名乗る者との賢者の石を争奪する物語。

「カリオストロの城」はルパン三世の劇場版第2作品。宮崎駿(スタジオジブリ)の映画初監督作品。公国カリオストロ城を舞台に、偽札ゴート札の陰謀に巻き込まれる美しきクラリス姫とルパン三世の物語。
ルパン三世 カリオストロの城

■配給収入と評判

「ルパンVS複製人間」制作費は5億円に対して10億円の配給収入、大成功を上げた。当初、大人向けの作品として制作したが、実際は予想と異なり中高生層(15~16歳)がメインの顧客層となった。

「カリオストロの城」興行収入は、前作10億円の配給収入を収めた「ルパンVS複製人間」に比べて下回る結果となった。前作で反響のあった顧客層からも宮崎駿(当時はそれほど実績はなかった)の監督抜擢は名判断だと思われる。
実際には配給収入では劣ってしまったものの、業界関係者の中では公開当初から評価が高く、「ルパンVS複製人間」以上に数多くのアニメーションに関する賞を受賞している。結果的に、宮崎駿の演出手法やレイアウトを世の中に知らしめる作品となった。
実際に宮崎駿ということもあり地上波で放送されるのは「カリオストロの城」が多くなっています。

■歴史に残る名シーン・名セリフ
それぞれの作品でルパン三世史上、いやアニメ史上に名を残す名セリフが作られている。

「ルパンVS複製人間」
ルパン三世の中で石川五ェ門の決まりセリフとなっている「またつまらぬものを斬ってしまった」はこの映画で初登場しています。

「カリオストロの城」
銭形刑事の名言。ヤツ(ルパン)はとんでもないものを盗みました。

どちらかと言うと、
「ルパンVS複製人間」の方がルパンのだらしない部分やアダルティーなテイストがしっかりでていて、王道のルパン映画といった印象です。「カリオストロの城」はルパンが紳士すぎて本来のルパンらしくないかな。ジェントルマンすぎる・・・?