芸能エンタメまとめ。

かわいい女優・モデル 美人画像まとめ

坂本忍のブログがなぜか炎上しないワケ。「ブス嫌い」NMB暴言

   

sakagami00

Sponsored Link

「ブスは嫌い」「女は顔だ」
超ストレートな過激発言が話題。

いまや毒舌芸能人といえば、有吉弘行とこの坂上忍だろう。昔は清純派タレントだったのが、芸能界から姿を消した“干された”期間に完全にキャラが変わった。
“異常な潔癖”“毒舌”キャラとして再ブレーク。連日、周りを気にしないような発言や行動が話題に。

最近でも番組内で「女は顔だ」「ブスは嫌い」「働きたくない」とストレートな暴言をはいて話題になっている。
sakagami
sakagami01

Sponsored Link

NMB48渡辺美優紀も暴言に半べそ。

先日放送されたテレビ番組『爆笑 大日本アカン警察』内で、毒舌絶好調な坂上に対して、その過激さにスタジオでVTRをみていたNMB48渡辺美優紀(みるきー)が半べその表情を見せた。涙目に口をとがらせ半べそ状態のNMB48渡辺美優紀に対して、坂上は臆する様子はまったくなし。これまでも「ブスは外に出るな」と暴言を吐きまくっている坂上だが、ここでもトーンダウンすることはなかった。

(NMB48 渡辺美優紀)
miki

番組終了後にtwitterでは
「坂上忍ってクソの極み!」
「女を軽視している!」
といった声が書き込まれている。

・・・そりゃそうだ。ただ一方で、

「めっちゃ面白かったし、全部が全部じゃないけど気持ちわかる」
「坂上忍の理論を人類は否定できるのであろうか」
「話術がスゴイ」
と彼の発言に共感するコメントも多く届いている。

賛否両論にはなるが、否定論だけではないのが特徴。
彼の発言を肯定している意見もある。

なぜか反感を買わないワケ。

有吉弘行もそうだが、支持される毒舌家はなぜか反感を買わない。
なぜか共感を得られることが多いのだ。

発言が炎上しない理由。それは彼の発言の“質”によるものがある。
「誤解をまったく恐れていない」とも受け取られる彼の姿勢の影に、別の共感を得られる要素が含まれている。

世間で叩かれている人を叩いていない

実は、坂上にしても有吉にしてもみんなが叩く人、世間的に叩きやすい人に対しては発言していることはほとんどいない。相手や対象を見極めているのだ。
また、誰も批判はしていないけど“なんか違和感を感じる”人を表しているケースが多い。なので、その違和感を突いてくれたことに人は共感を感じる。

核心をズバッと突く

彼は別に悪口を言っているわけではない。人の批判をダラダラ話すのは、ただの悪口。毒舌のポイントは短いセンテンスでその核心をズバッと突く。そのコピーライター的才能の高さがうかがえる。端的な言葉で無駄なくその対象を表現している。それが人の興味に繋がっているのだ。

つねに視聴者の視点

彼らは別に“彼らが言いたいこと”を話しているわけではない。“人が楽しいこと”“喜ぶこと”を話しているのだ。主観的な視点ではなく、あくまで客観的な視点で。

「毒舌」にはこういった背景がある。